シメらーめん

モノがすき。モノづくりがすき。電気系修士。

【ミニ四駆】スタビ作り方ログ

種々様々心的外傷多数のシメイです。

 

そういえば、昨年夏に俺の原付(スーパーカブ)を盗難した犯人が捕まったそうです。

泉水勇人って名前で、余罪800件(ソース:警察)だとかwwww

そらニュースにもなりますわ…。

 

泉水勇人容疑者(50)駐輪場でバイクやヘルメットを盗んだ自称コンサルタント業の男が逮捕 県警がスーパーカブなど90台以上を押収 | LH MAGAZINE

 

いらん話はさておき、ミニ四駆のスタビの作り方が固まってきたログ残します。

重いっすけど、機能はします。

Twitterよりお越しの方(ガチ勢)には不要な記事かもしれません…

トレッサとかキンギョとかでちびっこに2回くらい作り方を聞かれたので、”俺の場合”を書いてみてる次第でございます(;^_^A

 

先に完成図

f:id:rovering-chimay:20170416001012j:plain

フロントのローラーの上についてる長い棒がスタビ(スタビライザー)で、コーナー等でマシンが傾いたときにこいつが突っ張ってくれるおかげで横転が防げます(⌒∇⌒)

ミニ四駆始めたころから、わりとすぐに必要性が理解できるパーツだと思います。

軽さに拘る人たちは凝った作り方されてて、こだわりだすと奥の深いパーツなのかなぁ、とも思いますが、

俺は折れるの怖いので重くてお安い作りです(;^_^A

 

今回は基本的にあまりパーツ(人によってはゴミ)で作ります。

~材料~

  • ARバンパーの切れはし
  • いらないホイールの芯
  • あまったねじとスペーサ

上記、どれも貴重じゃないパーツなので無かったら近くのお兄さんに聞いてみよう←

特に、ARユーザーはコース2回通ったらシャーシを新品交換する変態ばかりなので、

シャーシの切れ端とかクッソ余ってると思われ…

まずはバンパーの切れ端を用意 です。

↓の写真の雰囲気で加工していきました。普段はバンパーカットの後にゴミとして捨ててた部分を使っていきます。

f:id:rovering-chimay:20170416000107j:plain

 

f:id:rovering-chimay:20170416000350j:plain

↑の二つ穴がある部品にねじをハメてくのですが、今回はたまたまカーボン強化シャーシだったので、ねじ入れてくと固くて大変なので、1.8㎜くらいのドリルで穴を拡張して置きます。

穴拡張(1.8㎜位で)

f:id:rovering-chimay:20170416000525j:plain

あっ、、、拡張☆ミ

 

組み立て

ホイールの芯、スペーサ、加工した切れ端の順にねじを締めてきます。

↓の感じです。

f:id:rovering-chimay:20170416001927j:plain

シャーシ切れ端の使ってなかった穴を、フロントローラーのねじに回しこんでいきます。

取り付けは完了ですが、ここで、各部品の間で段差がなくなる用に、やすりで削っておきます。

コースアウトしかけた時のリスクが減る気がします。。。

f:id:rovering-chimay:20170416002127j:plain

 

そんな感じで作業終わりです。

f:id:rovering-chimay:20170416002341j:plain

久しぶりのブログ記事、めっちゃ地味でしたねwwww

でもいいんです。

この前ね、アクセス解析?を見てみたんですよ。そしたら、意外とコースデビュー前っぽい、ほんとの初心者の人がこのブログのメイン層っぽかったので。こういう記事でもいっか、更新することに意味がある()という感じで、書きました。

 

ではまた!飲み四駆してみたいシメイでした!

f:id:rovering-chimay:20170416001401j:plain