シメらーめん

モノがすき。モノづくりがすき。トーフメンタルエレキくん。

(Kit)SNEAKY CELL SYSTEM説明

どうも、私服の制服化も落ち着いてきたシメイです。

 

 

もくじ

自分のブログ、なんか読みづらいなと思ったんで今回から目次作りました。

 

 

 

初めに

 SNEAKY CELL SYSTEM

今回は、ちょっと好事家向けすぎた(反省中)バッテリホルダーの紹介になります。

 

営業仰々しい記事はあんまり書いてこなかったのですが、

今回のは説明しないとわからない方も多いとおもい、説明記事を書いてみている次第です。

(逆に説明聞かずとも買って行かれる方が一定数いてびっくりしてます…)

 

 

f:id:rovering-chimay:20180122212204j:plain

 

 

 

機能としては、単セルのバッテリホルダーが基板上に4こ並んだものと思っていただいてかまいません。

そこからの応用として、ユーザサイドで配線したり、付属のショートバーを使うことで1セル直列~4セル直列のセットを形成できます。

 

キット販売中です。ねじ締めのみで基本的には組み立て可能です。

販売方法はメルカリアッテ(ツイッターの固定ツイート参照)からお願いします。

外部との接続はφ4のバナナプラグになります。

本記事では組み立て方法(基本編と応用編)を説明しています。

 

キット内容

以下に提出物を示します。

 

 f:id:rovering-chimay:20180122212548j:plain

 

 

  • 基板(ターミナルはんだ付け済)
  • φ4バナナジャック(メス、赤黒4個ずつ)
  • ショートバー3個
  • 自立用スペーサ一式

 

 

 組み立て方法(基本)

まずは基本の組み立て方から説明します。

 

 

f:id:rovering-chimay:20180122213251j:plain

 φ4バナナジャックは上記の通り、3つに分解できます(ジャック本体、ナット、突起付きワッシャ)。

 

 

3つのうち、薄い金属板でできた突起付きワッシャを基板にさします。

 

f:id:rovering-chimay:20180122213208j:plain

 

ワッシャの上から、ジャック本体をさします。

f:id:rovering-chimay:20180122213221j:plain

 

基板の裏からナットを絞め、ジャックを固定します。

f:id:rovering-chimay:20180122213520j:plain

お手数ですが、サイズの合ったレンチでしっかりナットを固定されることをお勧めします。

 

ジャックを固定が終わったら、ほとんど完成です。

あとは、付属のスペーサや、お好みの方法で電極を地面から離すようにしてください。

f:id:rovering-chimay:20180122214209j:plain

 

 

 

 

 組み立て方法(応用)

応用編では、主に、ショートバーの説明になります。

f:id:rovering-chimay:20180122214407j:plain

こちら、3個入りです。パキっと割ってお使いください。

ショートバーの機能は、ショート(導通、短絡)です。

基本編で設置したターミナル同士を導通させたいときに使用いただくものです。

 

取り付けはパズル感覚な簡単さを目指してみました。

(いろいろ試行錯誤して、創意工夫で組み換えできたらなぁと思ってます。)

 

基板にワッシャまでさした状態で、上からショートバーを重ねます。

f:id:rovering-chimay:20180122215352j:plain

 

ショートバーを重ねたら、上からジャック本体をさして共締めします。f:id:rovering-chimay:20180122215417j:plain

 

写真のケースでは問題ないですが、組付けようのネジと干渉する際は、リューターなどでショートバーを削って使うようお願いします。

 

組み立て例

組み立て例として、私の使用中のバッテリホルダを紹介します。

配線のさす位置によって、直列するセル数が可変できるので便利です。

 

単セル用ホルダーとして使用時

f:id:rovering-chimay:20180122220132j:plain

  f:id:rovering-chimay:20180122220331p:plain

  イメージ図(単セルとして使用時)

 

 単セルで使うのは家が多いです。

(バッテリメンテしたいとき)

 

2セル直列のホルダーとして使用時

 

f:id:rovering-chimay:20180122220146j:plain

  f:id:rovering-chimay:20180122220617p:plain

  イメージ図(2セルとして使用時)

 

サーキットで 遊ぶ時はもっぱらこの状態です。家でもサーキットでも同じ物が使えるので便利です。

 

4セル直列のホルダーとして使用時

 

f:id:rovering-chimay:20180122220202j:plain

  f:id:rovering-chimay:20180122220738p:plain

  イメージ図(4セルとして使用時)

 

リアクター1台で、(質は置いといて)急いで充電したいときはこの状態で使います。 

「どうせ後で垂らしてから使うから~」な時は、これで4本適当に充電しちゃう時もあります。

 

終わりに

 思ったより長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか?

買ったけど組み立てで分からない~などあれば聞いてもらえればと思います。 

 

前回記事で公開したほしいものリストへの僅かばかりのお礼も、ぼちぼち進めてます。

現在は、とりあえず専用ブログの設置が終わって、波形取る準備をすすめてます。

こっちではもう少しはコアにいきたいなぁと思ってます。

 

 

ではでは。色々寒い最近に負けず頑張って生きましょう(;'∀')

直流電源作ってみたハナシ

ども。最近やっとミニ四駆を楽しめてきた気がするシメイです。

 

モーター慣らしやら実験やら用に、直流電源を作ってみたハナシです。

 

もくじ

 

 

はじめに

直流電源 なんて、中古でも色々あるし、モーター慣らし機ならアンチマターやリアクターもあるのですが、「童心に帰ってみよう」との思いで製作。

童心、ということでメインの回路は市販のキットを使いました。

f:id:rovering-chimay:20180110124321j:image

お手軽でいいよね。

 

 

 

特徴(キットからの変更箇所)

 

  • アルミケースへの組み込み。それに伴うスイッチなど、UI部分の部品追加

電源スイッチ、電圧電流計、電圧調整ツマミ、電流調整ツマミ、電源出力はΦ4のバナナジャックになります(リアクターやアンチマターとかと一緒のやつ)。

 

  • 電源への入力をAC100VではなくDC12VのACアダプタに変更

検討の結果、整流器と商用トランスは却下しました。重いし高いし危ないので。

出力電圧範囲は、今回製作のものだと0V ~10Vくらいになります。

ただ、今回の回路方式であれば、9VアダプタのほうがGoodだったかも。

その場合は出力範囲は0~6V位に狭まるけど、発熱は少なくなるはずなので。

 

  • 電流制限値(可変)の下限を6Aから3Aに変更。

安全方向へ。出力電流がリミットを超えたら、出力電圧は垂下していきます。

 

万が一の事故でコンデンサ爆発時の噴出方向をUI側から遠ざける為。また筐体組み込みする上でのサイズ制約の為。

 

 

トランジスタの放熱とかも頑張ったポイントでは有りますが。まだ、結果が様子見中なので特に今は記さず。

 

 

 今回はケースの製作がめっちゃ大半でした。

機械加工って大変ですね…知識と機材がないとなぁと思いました。

 

 

デザインをしたら原寸でプリントアウトします。モーターぎゃむばる(命名)。

f:id:rovering-chimay:20180110124531j:image

 ↑これを、汎用のアルミケースにはっつけます。

 穴あけの位置などを、いちいち採寸してケガキしなくて済むのでめっちゃラクですよ。

 

ケースの穴あけ後の写真がねぇでした…ほんとすみません(;^_^A

でも、穴あけさえ終わって仕舞えばあとはツマミなどの各インタフェース部材をキットの回路と繋いでいくだけです。

 

 f:id:rovering-chimay:20180111180157j:image

最後に表示のテプラを貼ります〜。

今回はちゃんと原寸でデザインしていたので、必要箇所をそれぞれ切り取って、テプラに指示すればOKでして、ラクチンでした。

 

アルミ板とテプラの透明/黒は結構相性良い気がします。

f:id:rovering-chimay:20180110124737j:image

 

f:id:rovering-chimay:20180110124753j:image

 

オレンジ色のミサイルスイッチ 、これは、とても正解なチョイスでした。

押してて気持ちいい→押したくなる→こまめに電源ONOFFするようになる。良いサイクルです。UXってだいじ(大袈裟)

 

 電流制限(動画は音うるさいのでミュート推奨です(;´・ω・))

電流制限もうまくかかってくれました。

今回の電源でモーターを駆動しながら、シャフトに負荷をかけて電流を増加していっても、3アンペア程度を超えたあたりで電圧が垂下していきます(動画)。 

※電流のツマミを開いて、制限値を緩めていけば、電圧は垂下せずモーターぶん回るようになります。

 

グラフにするとこんな感じでしょうか。f:id:rovering-chimay:20180110190350j:image

手書きですみません…

出力電流Ioutが、制限値のI limitを越えようとすると、出力電圧Voutが垂下して停止方向へ働きます。

 

 

そんなわけで完成しました

f:id:rovering-chimay:20180110124804j:image

ミニ四駆のモーター慣らしに、挑戦してます。

モーター慣らしと言えばリアクターとかもありますが、やっぱりツマミがあった方が数段効率いいですね。

とくに、短時間であれこれと試す慣らし方では顕著です。

あと、机に常設したので、外出用カバンからいちいち取り出す手間もないのでやる気あっぷした。

 

 

支援物資のお願い

最後に、なんかもう、チラシなので気分を害した方は読み飛ばして頂ければとおもいます。

 

試験的にほしい物リストを設置してみます。

      http://amzn.asia/iJS13wG

いきなりで恐縮なんですが万が一、気が向いた方いたら支援物資もらえると助かります。 

モノでのお礼返しはまだまだ難しいかもですが、

招待制で、もうちょっと踏み込んだ技術的な記事に招待できたらなと思ってます。

 例えば今回の装置の詳細な作り方とか、

ほかにも、今は私生活のゴタゴタ(あと出来れば自身のレース活動)にお金回さなきゃなので停止している計画が結構あります。そういう企画も支援のおかげでスタートできてそして招待記事にでもしてシェアできたらめっちゃ素敵だなと思います。

 

 

そんな感じで、『おい、最後はチラシかよ!』なブログでしたが最後まで目を通して頂き感謝です。

 

夜はあったかくして寝ましょう(*´w`*)

【ミニ四駆】【←あってる?】電圧計の改版履歴、改造方法など忘備録

どうも。熱を引いて風邪がでてしまったシメイです。

 

風邪で外出不可能なら。。。ということで電圧計の最終ロットの実装を終わらせてました。

f:id:rovering-chimay:20170806215431j:plain

(なんかガチ勢の人みたいでこわい)

 

今回のロット製作に際して、再度設計したプリント基板ver2の改版履歴を残したいと思います。

あと、7セグ電圧計の改造の方法も(しばらくやらないと思うので)ログ残したいと思います。

 

続きを読む

【雑記】メルカリアッテで色々と取引したハナシ

どうも、若い子にモテたいシメイです。

 

メルカリアッテというアプリで半年くらい取引してみたログです。

 

続きを読む

【バイク】ぼっちキャンプツーリングに行ってきたハナシ

実は元タバコガチ勢、シメイです。

 

新しいバイクを買ったわけですが、だんだん乗りなれてきました。

もともとキャンプ好きだったんで、新しい愛車でも行きたい。

そんなわけで、2週間くらい前に?

一泊のキャンプツーリング行ってみました。

 

続きを読む

【ミニ四駆】【←あってる?】放電できる電圧計つくってみたハナシ

どうも、最近何冊か本を読んで、刺激を頂いたシメイです。

 

ツイッターでなまら反響頂いた電圧計の記事です。

 

長いです

 

続きを読む